房総半島で製作、最北の出土例と判明/鹿島沢古墳(八戸)の大刀

1958年に、八戸市の鹿島沢古墳で出土した「二円孔鐔付大刀」=市博物館
1958年に、八戸市の鹿島沢古墳で出土した「二円孔鐔付大刀」=市博物館
1958年に八戸市沢里の鹿島沢古墳(7世紀前半~中盤ごろ、飛鳥時代)で出土した金属製品が、房総半島(千葉県)で製作されたとみられる珍しい「二円孔鐔(にえんこうつば)付大刀」であることが、市博物館の調査で分かった。慶應義塾大考古学研究室が見つ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録