建設石綿、国と企業に責任 最高裁が初の統一判断

 建設アスベスト訴訟の争点
 建設アスベスト訴訟の争点
建設現場でアスベスト(石綿)を吸い、肺がんや中皮腫などの病気になった元労働者と遺族が、国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の集団訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は17日、「国が対策を怠ったのは違法だ」と賠償責任を認め.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録