自転車あおり運転、「ひょっこり男」に実刑/さいたま地裁

自転車で走行中、車の前に飛び出す危険な運転をしたとして、道交法違反(あおり運転)や暴行など5件の罪に問われた埼玉県桶川市の無職成島明彦被告(33)に、さいたま地裁は17日、懲役8月、罰金20万円(求刑懲役10月、罰金20万円)の判決を言い渡.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録