カラス営巣が原因、八戸で822戸停電

東北電力ネットワーク青森支社によると、17日午前2時20分ごろ、八戸市鮫町の一部で822戸が停電し、約1時間25分後に復旧した。カラスの営巣に使われた針金や木の枝が高圧線に接触し、漏電したのが原因だという。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録