合宿や交流、コロナで厳しく 東京五輪・パラのホストタウン事業 

 ホストタウン事業を断念した自治体の例
 ホストタウン事業を断念した自治体の例
東京五輪・パラリンピックを機に海外選手らと交流するホストタウン事業が厳しい現実に直面している。政府は、45自治体が事前合宿や交流計画を断念したことを確認。海外から来日する選手らが全国各地へ移動することによる新型コロナウイルス感染のリスクや対.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録