【佐々木朗希デビュー】被災地の「希望の星」 陸前高田市長がエール

 岩手県陸前高田市の戸羽太市長=4月、陸前高田市役所(同市提供)
 岩手県陸前高田市の戸羽太市長=4月、陸前高田市役所(同市提供)
プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(19)が16日、プロ初登板を果たした。小学3年の時に東日本大震災で父功太さん(当時37歳)と祖父母を津波で亡くしてから10年の節目でデビュー。生前の父親をよく知る岩手県陸前高田市の戸羽太市長(56)は「つらい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録