【県春季高校野球】三沢商、粘り及ばず

初戦をサヨナラ勝ちした勢いで2回戦に臨んだ三沢商。二回に先制するなど今春のセンバツ出場校を最後まで苦しめたが、及ばなかった。 乙崎健主将は「低めの変化球を見極められず、振ってしまった」と、12三振という結果に悔しさをあらわにした。全失点に守.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録