【八戸市長、4期目任期半年】「魚市場事業、長期的視点で」 新型コロナは「緊張感持ち対応」

新型コロナウイルスのワクチン接種や経済対策に注力する考えを示す小林眞市長=11日、八戸市庁
4期目の任期が残り半年に迫った八戸市の小林眞市長は16日までに、本紙のインタビューに対し、市政運営に関する自己評価や今後のまちづくりの方針を説明した。新型コロナウイルス対策を優先事項に位置付け、ワクチン接種や経済対策に注力する考えを示した。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録