【中国、文革発動から55年】「災禍」の評価薄める動き 

 北京市内の公園にある獅子像。説明文から「文革」の文字が消えたと話題になった=14日(共同)
 北京市内の公園にある獅子像。説明文から「文革」の文字が消えたと話題になった=14日(共同)
【北京共同】中国で毛沢東(もうたくとう)が大規模な政治運動「文化大革命」(1966~76年)を発動してから16日で55年。毛沢東の偉大さを強調してきた習近平(しゅうきんぺい)指導部の下、近年は、「10年の災禍」と呼ばれた文革への否定的評価を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録