【核のごみ最終処分場選定】地域覆う無関心と対立 交付金、恩恵見えにくく

 北海道寿都町、神恵内村、泊原発
 北海道寿都町、神恵内村、泊原発
原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定で、第1段階の文献調査が北海道寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村で始まってから17日で半年。東京での資料調査が中心で、住民の関心は低い。国は文献調査を処分事業への議論を深める場とす.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録