【県春季高校野球】八戸東、守備のミス悔やむ

八戸東は守りのミスが絡んで失点がかさみ、無念のコールド負け。2打点と気を吐いた島下秋栄は「送球、捕球のミス、落球…。取れるアウトをしっかり取れなかった」と悔やんだ。7年ぶりの春季県大会で1勝を目指したが、跳ね返された。 ただ、四回途中から救.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録