【県春季高校野球】三沢商、大森が値千金のサヨナラ打

【弘中央―三沢商】9回三沢商1死満塁、大森陽汰が中前にサヨナラ打を放つ=七戸町営
【弘中央―三沢商】9回三沢商1死満塁、大森陽汰が中前にサヨナラ打を放つ=七戸町営
三沢商は沈黙していた打線が六回以降奮起。最大4点のビハインドをはね返し、劇的なサヨナラ勝ちで2回戦に進出した。浪岡健吾監督は「中盤までは我慢の展開だった。『つなぐ野球』で勝てた」とナインをたたえた。 打線は相手先発のスライダーにほんろうされ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録