【県春季高校野球】工大二、攻守かみ合う

【五農―工大二】7回工大二、2死一、二塁、細川憲人が左中間に2点二塁打を放ち、コールド勝ちを決める=長根球場
【五農―工大二】7回工大二、2死一、二塁、細川憲人が左中間に2点二塁打を放ち、コールド勝ちを決める=長根球場
序盤で主導権を握り、無失点でのコールド勝ち。工大二は攻守がかみ合い、盤石の試合運びで初戦を飾った。3安打3打点と大暴れだった細川憲人は「詰まった当たりもあったが、積極的に振っていけた」と充実感をにじませた。 初回、先頭の濱道颯太の左前打を足.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録