日本酒高額転売に蔵元苦悩 「伝統冒瀆」品質低下も

 取材に応じる新政酒造の佐藤祐輔社長=4月、秋田市
 取材に応じる新政酒造の佐藤祐輔社長=4月、秋田市
生産量が限られる日本酒の高額転売が相次ぎ、蔵元が頭を悩ませている。対策に試行錯誤を重ねるが根絶は困難。流通過程での品質低下も懸念され、関係者は「日本酒の伝統的価値への冒瀆(ぼうとく)。入手を望む人の思いにつけ込み、暴利をむさぼるのは許されな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録