三菱製紙通期決算、赤字転落 純損益25億円、コロナで需要減加速

八戸市に主力工場を置く三菱製紙(東京)は13日、2021年3月期通期(20年4月~21年3月)の連結決算を発表した。売上高は1623億2500万円で、前期から16・6%減少。純損益は前期の8億100万円の黒字から、25億3200万円の赤字に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録