【デジタル改革法成立】個人情報保護、後退の恐れ 民間出身者受け入れ、司令塔に危うさ

 個人情報保護制度の見直しイメージ
 個人情報保護制度の見直しイメージ
12日に成立したデジタル改革関連6法は、国会審議を経ても生煮えとの印象が拭えないままだった。最大の論点となった個人情報保護制度の大幅見直しを巡っては、保護水準の低下懸念が解消されずじまい。改革の司令塔組織となるデジタル庁は、大量の民間出身者.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録