二戸地域を「菌床シイタケ」産地に アグリードいわてが挑戦

菌床シイタケの栽培に取り組む杉沢和弘代表。近隣農家とも連携する=4月下旬、二戸市
菌床シイタケの栽培に取り組む杉沢和弘代表。近隣農家とも連携する=4月下旬、二戸市
二戸市浄法寺町のアグリードいわて(杉沢和弘代表取締役)が、人工的に製造した菌床を使う「菌床シイタケ」の生産に取り組んでいる。最近では、栽培施設を増設し、近隣農家への菌床の提供も本格化させる。杉沢代表(52)は「菌床シイタケは、安定した収益を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録