【ソフトバンクG国内最高益】「孫流」投資、収穫期に デジタル時代企業の在り方示す

 30年前と現在の純利益ランキング
 30年前と現在の純利益ランキング
ソフトバンクグループ(SBG)が国内企業で空前の利益を記録した。孫正義会長兼社長が投資事業に本腰を入れ始めてから4年。産油国などを巻き込んだ巨艦ファンドによる先端企業など200社以上への投資は収穫期に入る。成長分野と見定めるや次々に事業の軸.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録