24年度合併も視野に検討/青銀とみち銀

青森県を地盤とする青森銀行とみちのく銀行が検討する経営統合を巡り、2022年度に両行で持ち株会社を設立した上で、24年度の合併を視野に入れて検討していることが12日、関係者への取材で分かった。設立する新会社の傘下に両行が入る形で統合し、最終.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録