イカ釣り船インドネシア人実習生 館鼻朝市会場のごみ拾いに汗

館鼻岸壁のごみを拾い歩くインドネシア人実習生ら
館鼻岸壁のごみを拾い歩くインドネシア人実習生ら
八戸港所属の中型イカ釣り船に乗り組むインドネシア人実習生らが9日、同港の館鼻岸壁朝市会場のごみ拾いをした。漁業従事者として仕事場の環境美化を図るのはもちろん、「母国の屋台の雰囲気に似ている」という大好きな朝市の運営も支援する狙い。実習生が自.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録