【医療制度改革関連法案】現役世代の負担減1% 首相、意義強調も効果限定的

 現役世代の支援金の伸びと抑制効果
 現役世代の支援金の伸びと抑制効果
高齢者に新たな負担を求める医療制度改革関連法案は、今国会で成立する見通しとなった。菅義偉首相は制度改革により「若い世代の負担上昇を抑える」と意義を強調するものの、現役世代の負担抑制効果は年720億円程度。現役世代が75歳以上の後期高齢者医療.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録