【八戸三社大祭・合同運行見送り】関係者、無念さにじむ 後進育成、伝統継承課題

2年連続で規模縮小となる八戸三社大祭。後進育成や伝統の継承といった課題が山積する(2019年7月のお囃子練習の様子)
2年連続で規模縮小となる八戸三社大祭。後進育成や伝統の継承といった課題が山積する(2019年7月のお囃子練習の様子)
新型コロナウイルスの影響で、昨年に続き、神社行列や山車の合同運行が見送られ、各神社の例祭と祭典のみとなる八戸三社大祭。方針が決まった11日、祭り関係者は「感染防止のためやむを得ない」と一定の理解を示しながらも無念さをにじませた。2年連続で大.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録