木工玩具など展示販売 ラピアでくるみの里感謝祭

木工玩具を見て楽しむ来場者(右)
木工玩具を見て楽しむ来場者(右)
八戸市の障害者サポートセンターくるみの里(泉山彰理事長)の「春の感謝祭」が11日、同市のラピア1階で始まった。利用者39人が真心込めて作った木工玩具や手工芸品など、約300点以上を展示、販売している。12日まで。 幼児向けの作品を多数用意。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録