寺下遺跡出土の骨角器類 階上町に県重宝指定書交付

稲葉克徳課長(右)から指定書を受け取った浜谷豊美町長
稲葉克徳課長(右)から指定書を受け取った浜谷豊美町長
3月に青森県重宝(考古資料)に指定された、階上町の寺下遺跡から出土の骨角器類に対する指定書が6日、町へ交付された。同町初の県重宝指定に、関係者は教育現場での活用などに期待を寄せている。 寺下遺跡は、2004年、林道拡幅工事に伴う町教委の発掘.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録