【衆院解散戦略】首相、総裁選無風へ思惑 解散先行に党内異論も

 衆院解散を巡る与野党幹部の主な発言
 衆院解散を巡る与野党幹部の主な発言
東京五輪・パラリンピック後の9月の衆院解散論が菅政権内で有力となった背景には、新型コロナウイルス収束が見通せないとの事情がある。菅義偉首相にとって解散時期の選択肢は狭まるばかりだが、9月末に任期満了を迎える自民党総裁選の前に衆院選を実施した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録