八戸花火大会、入場者制限で開催へ 5670(コロナゼロ)発目指す

八戸市の夏の風物詩・八戸花火大会を主催する大会委員会(塚原隆市会長)は10日、同市のスポーツ研修センターで関係者合同会議を開き、大会を8月22日に開催する方針を決めた。昨年と同様、新型コロナウイルスの感染予防策として、会場の館鼻岸壁に入場で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録