政権「9月解散論」有力に 野党の不信任見送り受け

菅政権内で10日、東京五輪・パラリンピック後の9月の衆院解散論が有力となった。立憲民主党の枝野幸男代表が内閣不信任決議案の提出見送り方針を表明。これを受け、今国会中(会期末6月16日)の解散は困難との見方が広がった。新型コロナウイルス感染を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録