【レスリング五輪最終予選】勝利目前に逆転負け 力不足嘆く高橋昭

悲願の五輪切符を目前にしていただけに、無念さがにじんだ。男子グレコローマンスタイル67キロ級の高橋昭は準決勝でウクライナ選手に逆転負け。マット上で手を膝についてうなだれ「試合運びがまだまだ駄目だった。相手が一枚上手だった」と力不足を嘆いた。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録