北日本でも黄砂観測 9日にかけ続く見通し

気象庁は8日午前、福岡県や北海道など西日本から北日本にかけて黄砂が観測され、視程(水平方向で見通しが利く距離)が10キロ未満になった地域があったと発表した。 9日にかけて西日本から北日本の広い範囲でも黄砂が予想され、場所によっては視程が5キ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録