大谷、日本選手最速の10号 内角への初球を右中間へ

 レイズ戦の3回、10号2ランを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
 レイズ戦の3回、10号2ランを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
エンゼルスの大谷が日本選手最速で節目に到達した。2019年に自身がマークした44試合目を大きく上回り、投打同時を含む打者出場28試合目で10号アーチをかけ、トップのレッドソックスのマルティネス、ブレーブスのアクーニャに並んだ。 1―0の三回.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録