時評(5月8日)

集団予防接種が原因のB型肝炎訴訟で最高裁は、発症時ではなく「再発」から20年以内なら国に損害賠償を請求できるとする判決を示した。発症時から20年以内としている国の方針を覆して被害救済を広く認める判断であり、患者100人以上が各地の裁判所で係.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録