【医療制度改革関連法案】現役世代の負担軽減が狙い 高齢者の受診控え増加に懸念

 後期高齢者医療制度の財源
 後期高齢者医療制度の財源
75歳以上の医療費窓口負担に2割枠を新設する医療制度改革関連法案は、高齢化に伴って増え続ける現役世代の負担を抑える狙いがある。法案に反対する野党も「負担軽減は喫緊の課題」と理解を示すが、窓口負担が増すことにより高齢者が過度に受診を控えること.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録