十和田で太素祭 新渡戸傳翁ら親子3代たたえる

太素塚の前で奉納された稲生大権現舞
太素塚の前で奉納された稲生大権現舞
十和田市発展の礎となる三本木原台地の開拓に尽くした新渡戸傳翁ら親子3代をたたえる太素祭の参拝行事が4日、同市の太素塚で行われた。今年は傳翁の没後150周年に当たり、参拝者約45人が偉業に感謝するとともに、歴史を受け継ぐ決意を新たにした。 人.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録