【国民投票法改正案】自民「あくまで手続き法」野党「改憲議論の呼び水」/青森県関連国会議員

国民投票法改正案が衆院憲法審査会で可決された6日、青森県関係の与党議員は「あくまで手続き法として公選法に合わせたもの」と淡々と振り返り、今後も継続的に審議していく必要性を強調した。賛否が割れた野党からは「改憲議論への呼び水だ」と批判の声も聞.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録