【半導体強化戦略】世界シェア激減に危機感 技術遅れや巨額負担など課題も

 日本の半導体産業の世界シェア
 日本の半導体産業の世界シェア
政府が半導体の安定調達に向けた新戦略を打ち出す。日本の世界シェアが激減していることへの危機感が背景にあり、台湾メーカーから多くを調達しているため、有事のサプライチェーン(供給網)寸断のリスクも現実味を帯びる。安定確保には政府主導の戦略実行が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録