車いすバスケチーム「八戸フープス」誕生 目標は26年青森全障スポ参戦

練習に励む小野裕樹代表(左奥)ら八戸フープスのメンバー=4月、八戸福祉体育館 
練習に励む小野裕樹代表(左奥)ら八戸フープスのメンバー=4月、八戸福祉体育館 
今春、青森県南地方では初の車いすバスケットボールチーム「Hachinohe HOOPS」(八戸フープス)が発足した。現在は八戸市などの障害者、健常者12人が同じ“土俵”でレベルアップを図っており、当面の目標として2026年に青森県で開催予定.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録