時評(5月4日)

旧日本軍の元従軍慰安婦が日本政府に賠償を求めた訴訟で、ソウル中央地裁は原告の訴えを却下した。日本による韓国の植民地支配に絡み日本企業や政府に賠償を命じる司法判断が相次ぎ、日韓関係の悪化をもたらしてきたが、こうした流れに歯止めとなるだろうか。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録