縄文土偶PR、今度はアニメで 野辺地中美術部がワークショップ

縄文くららのPRに向け、今後の事業展開などを確認したワークショップ
縄文くららのPRに向け、今後の事業展開などを確認したワークショップ
野辺地町教委は4月27日、国の重要文化財に指定されている板状立脚土偶(愛称・縄文くらら)のPR事業を始めた。本年度は、町立野辺地中美術部の部員らがワークショップ形式でクレイアニメによるPR動画や、日本遺産に関するイラストの制作などに取り組む.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録