【憲法施行74年】自民、改憲論議進展狙う 野党には温度差

日本国憲法は3日、1947年の施行から74年を迎えた。自民党は菅義偉首相(党総裁)の下、憲法9条への自衛隊明記を含めた改憲4項目を掲げ、憲法改正論議の進展を目指す。国民民主党は国会審議で与党に歩み寄り、野党第1党の立憲民主党と温度差が広がる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録