【東京都議選まで2カ月】政権批判票、争奪戦の様相 「自公過半数」視界不良に

 東京都議会の議席構成と選挙協力の構図
 東京都議会の議席構成と選挙協力の構図
4月25日の衆参3選挙の与党全敗を受け、7月4日の投開票まで約2カ月に迫る東京都議選が混迷度を増している。選挙協力に合意した自民、公明両党は過半数獲得の構想が視界不良に。次期衆院選を占う政権批判票の行方は小池百合子知事が特別顧問を務める最大.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録