【与野党の中国対応】広がる制裁論、背景に世論意識

 対中制裁論を巡る関係(似顔 本間康司) 
 対中制裁論を巡る関係(似顔 本間康司) 
与野党内で対中制裁論が広がっている。4月上旬には自民、立憲民主など各党有志がそろう超党派議員連盟が発足。人権侵害を理由とした制裁を可能にする立法措置の検討を進め、慎重な政府に働き掛ける構えだ。次期衆院選をにらみ、人権問題や海洋進出で対中批判.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録