【求人倍率46年ぶり下落幅】コロナ第4波、サービス業直撃 救済の雇調金は制度疲労

 雇用悪化を示す主なデータ
 雇用悪化を示す主なデータ
2020年度平均の有効求人倍率は46年ぶりの下落幅を記録、新型コロナウイルス感染拡大による雇用情勢の悪化が鮮明となった。観光、宿泊といった対人型サービスは特に深刻。追い打ちをかけるように「第4波」が襲来し、大型連休の書き入れ時を直撃した。期.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録