Free「助けてあげたいけど…」中州にカモシカ/五戸

行き場を失い、中州をうろつくニホンカモシカ=30日、五戸町浅水
行き場を失い、中州をうろつくニホンカモシカ=30日、五戸町浅水

五戸町浅水の浅水川で、川の中州に落ちて行き場を失っているニホンカモシカの目撃情報が30日までに、町教委などに寄せられた。4月中旬ごろに発見されたが、同日時点でカモシカは川の両側に整備された護岸に阻まれ、河原に上がることができていない。国の特別天然記念物に指定されているため、むやみに捕獲することもできず、町教委の担当者は対応に頭を悩ませている。

 町教委によると、カモシカは体長約1・3メートル。中州に生えている草や木の芽を食べているとみられ、大きなけがや衰弱している様子はない。

 中州から河原までは高さ2~3メートルほどで、誤って河原から転落した可能性がある。カモシカがいる場所の近くには作業用の階段があり、30日に町教委の担当者が階段まで追い込み河原に上がらせようと試みたが、失敗したという。

 担当者は「助けてあげたいが、野生動物ということもあり、自力ではい上がるのを待っている状況。もし見つけても静かに見守り、餌をあげないようにしてほしい」と呼び掛けた。

 現場近くに住む男性は「普段は落ち着いている様子だが、ずっと上がれないようで心配だ」と話していた。

お気に入り登録