20年度の有効求人46年ぶり下落幅 0・45㌽低下の1・10倍

 完全失業率・失業者数と有効求人倍率
 完全失業率・失業者数と有効求人倍率
厚生労働省が30日発表した2020年度平均の有効求人倍率は、前年度比0・45ポイント低下の1・10倍だった。オイルショックの影響が続いた1974年度のマイナス0・76ポイント以来、46年ぶりの下落幅となった。下落幅は、リーマン・ショック後の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録