岸田氏、次期総裁選へ苦境 クリーン前面に再浮上模索

 自民党の岸田前政調会長を巡る状況(似顔 本間康司)
 自民党の岸田前政調会長を巡る状況(似顔 本間康司)
自民党の岸田文雄前政調会長が「ポスト菅」レースで苦境に立たされている。県連会長として陣頭指揮を執った25日の参院広島選挙区再選挙で敗れたためだ。2019年の参院選買収事件による逆風下とはいえ、保守王国での敗北。党内からは次期総裁選出馬を危ぶ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録