【紀州のドン・ファン不審死】直接証拠乏しく捜査難航 「消去法」で絞り込み

 資産家男性が殺害された事件の構図
 資産家男性が殺害された事件の構図
伝説上の色男「ドン・ファン」に例えられた資産家男性の不審死は、元妻の逮捕まで約3年を費やした。直接証拠に乏しく捜査は難航。和歌山県警は状況証拠を積み重ね、「消去法」で殺害が可能な人物を絞り込んだとみられる。だが供述が出なければ、起訴に踏み切.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録