【東通原発工事完了延期】最後の延期に、思惑にじむ 女川の知見が鍵

東通原発を巡る主な動向
東通原発を巡る主な動向
東通原発(東通村)の安全対策工事完了の目標時期を2024年度に先送りした東北電力。延期幅を過去最長の3年とした背景には、今回を最後の延期にしたい―という思惑が色濃くにじむ。懸案だった敷地内外の断層を巡る議論は決着したが、地震や津波を巡る議論.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録