故孫基禎さんの生涯、日韓両国で再注目 朝鮮出身マラソン日本代表金メダリスト

 1936年ベルリン五輪のマラソンで優勝した孫基禎さん(中央)。表彰式では国旗を見ず、下を向いた
 1936年ベルリン五輪のマラソンで優勝した孫基禎さん(中央)。表彰式では国旗を見ず、下を向いた
東京五輪を控え、朝鮮半島出身で1936年ベルリン五輪男子マラソンの日本代表金メダリスト、故孫基禎(ソンギジョン)さんの生涯に日韓両国で改めて注目が集まっている。韓国では日の丸を背負った孫さんを「亡国の悲劇」とする捉え方が強まり、日本では過度.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録