がん10年生存率59・4% 大規模データで初算出

 がん種別の生存率
 がん種別の生存率
国立がん研究センターは27日、2008年にがんと診断された人の10年後の生存率が59・4%だったと発表した。全国で専門的ながん治療を提供する病院の患者約23万8千人の大規模データを初めて使って10年生存率を算出した。 これまでは、先駆的な治.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録