歩行者通行量、公共施設来館者ともに落ち込む 八戸中心街計画20年度実績

八戸市は27日、第3期市中心市街地活性化基本計画(2018年12月~24年3月)の20年度実績を公表した。計画に掲げた四つの指標のうち、中心市街地の歩行者通行量と公共施設来館者数は、新型コロナウイルスの影響を受けて大きく落ち込んだ一方、空き.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録